今日の花

マスターがずっとお客さんとしゃべっているので、なんの花か聞けず。トルコ桔梗かな、、

カテゴリー: 管理人独り言 | コメントをどうぞ

5月19日

ちょっと時間がたってしまいましたが、このあいだ、5月19日の日に私がピアノで入った日に生けてあった花です。カサブランカでしょうか。
いつもピアノの鍵盤近く、高音側の方に置いてあります。
花は定期的に変わっていますが、いつもなかなかパワフルな花が多いです。
カウンターのむこう側、遠くの方からでも目にとまるように、という配慮でしょうか。
ほんとは演奏の休憩時間にiPadで投稿したかったのですが、
なぜかネット接続がうまくいかずできませんでした。
どうやら月のはじめにアクセスしすぎたようで、通信制限にひっかかってしまった模様。
今月いっぱいはだめなのかな、と思っていましたが、昨日には復旧していました。
サービスしてくれたのかな、、、?ま、とにかく、6月から、外で不用意に動画とか見すぎないように気をつけようと思います。

カテゴリー: 管理人独り言 | コメントをどうぞ

今日の花

シャクヤクでしょうか。
ということは府立植物園のシャクヤクも今が見ごろかも、、

画像 | 投稿日: 投稿者: | コメントをどうぞ

名前は正確に

ソルクバーノというカクテル、キューバの(クバーノ)太陽(ソル)という意味だそうです。(「ホワイトラムにグレープフルーツを加えてトニックで爽快な味わいに仕上げた、フルーティな香りでさっぱりとした味わいのカクテル」と書いてありました)
私の知人がこのカクテルをバードランドのマスターにすすめられて、すごく気に入ったのですが、そのとき聞いたはずのそのカクテルの名前がうろ覚えで、後日たまたま他のお店に行ったとき、隣のテーブルにカクテルを運んできたウェイターさんが「コルコバードになります」と言ったのを聞いて、「あ、それだ!」って思ってしまったそうです。でもカクテルをみると、自分が飲んだのと違って真っ青な色、あれは淡い白色だったはす、おかしいなあ、でも確かそんなような名前だったはずなのに、、としばらく頭を悩ました、ということでした。
ということで、カクテルは似たような名前も多いようなので、気に入ったやつは忘れないようにメモしておくのがいいかもしれません。(まあソルクバーノとコルコバードを似ていると感じる人がどの程度いるのかはわかりませんが。)
ちなみにコルコバードというカクテルもなかなか涼しげでおいしそうです。

どうでもいいですが、コルコバードはむしろコルクボードに似てますよね。こちらの方が注意が必要かもしれません。ちなみにコルクボードは岩倉のコーナンに行けば、いろんなサイズのやつが売っています。

カテゴリー: 管理人独り言 | コメントをどうぞ

亀田さん

毎月最終土曜日に入っているピアニストが、亀田邦宏さんです。
関西ではもはや重鎮の域、お店のマスターとはかなり古いお付き合いだとか。
僕もちらっとしか聴いたことがないのですが、それはそれはすばらしいです。
根強いファンの方も多数。ぜひ一度聴きにいらしてください。

カテゴリー: お店にいる人 | コメントをどうぞ

春?秋?

季節がよくわからないけど、なんとなく春先にいつも思い出す好きな動画。

カテゴリー: 動画など | コメントをどうぞ

2017,4,10

ちなみに管理人は、今年2017年の年頭に、今年の目標として、吉川英治の不朽の名作として名高い「新・平家物語」を全部読破する、という大事業(当社比)をなしとげる、というのを掲げていたのである、じつは。
そういうといかにも大変そうなことのようにも思われるが、読むのがとても楽しくて、先に読み進むのがもったいないと感じるほどなのである。なんかね、目標達成、って困難に立ち向かってそれに打ち勝って、初めて価値のあることのような気もするけど、まあ、いいか・・・
そういえば、 僕はもともとはブログになんだかくだらないことをいろいろ書いていた輩なのだが、フェイスブックなるものに手を染めてからブログにはあんまり何も書かなくなってしまった。
で、めんどくさいので話はやや跳躍するのだが、フェイスブックでは語尾に「、、、」というのを最近よくつけてしまうのだが、久しぶりにブログに文章を書こうとしたら、「、、、」という書き方に、妙に抵抗感を感じてしまった。なんとなく「・・・」になってしまったのである。
なんでしょうかね。ブログの方がかしこまってるのかな。「、、、」が本来的ではない、という意識。当の昔に捨て去ったと思い込んでたけど、いまだにこだわってるのか、、←ほらこれこれ。無意識に「あかん!」と思ってしまう。というよりも、状況によって自分の中のスタンダードがいとも簡単に変更されてしまう、という事実に、今更ながら気づかされた。

カテゴリー: 管理人独り言 | コメントをどうぞ